なた豆歯磨き粉を始めてすぐ実感した効果と口臭の変化。なぜそうなるの?という話

効果・効能

なた豆歯磨きを続けてどんな効果があったか?を書きます。

※なぜそうなるの?という話も書きました

元々は「口臭ケア」を目的にして使い始めましたがそれは1つの効果に過ぎなくて、

口臭予防
歯がツルツルになる、歯垢除去
歯周病予防
口腔内のネバネバ解消
歯茎がすっきり

裏書や説明書にはどれもこのようなことは書いてあるはずです。

で、

「口の中がとにかくスッキリ!」

というのが使い始めてすぐ実感できた効果です。

まずこのことから書きます。

口の中がとにかくスッキリ

メントール系のピリピリしたスッキリじゃないので、「さっぱり」という表現の方が正しいのかもしれないです。

寝起きのネバネバ感や歯を磨いた後も口に残る感じが無くなって、歯茎も気持ちいい。

不思議と口の中がスッキリ!て感じです。

 

とりあえず、私だけの感想じゃないので、Amazonレビューなど参考にしてみましょう。

「口腔内がすっきり」「ネバネバがなくなった」「時々痛む歯茎もすっかり良くなり…」

こんなレビューや口コミが多くあります。

1枚目がAmazonで人気のなた豆すっきり歯磨き粉で、2枚目が今使っている薩摩刀豆なたまめ歯みがき(マイケア)です。

高評価の割合も高め。

※マイケアのなたまめ歯みがきは初回半額で2本分購入できます

>>詳しくはこちら(公式サイト)

なた豆の口臭効果

結論から言うと口臭は気にならなくなりました。

ただ、口臭の原因は複数あるので効果があると確実に言えるわけではないです。

1.口腔内の環境(歯周病)
2.体内環境
3.呼気(臭い玉、のど)

大きく分けてこのような原因があります。

実際は複数の原因が複合しているでしょう。

このうち、なた豆歯磨き粉で改善に期待できるのは口腔内の環境です。

 

例えば、なたまめ歯みがきは「4週間の継続で口内の悪臭ガスを大幅に減らした」という研究結果があります。

なたまめ歯みがきは4週間の継続後、「生理的口臭」の主原因である硫化水素、「病的口臭」の主原因であるメチルメルカプタンの大幅な減少が見られた。(応用薬理vo.84)
>>詳しくはこちら

この悪臭ガスとは硫化水素、メチルメルカプタンのことでタニタとかのちゃんとした口臭チェッカーで計測もできます。

歯周病である
奥歯周辺を歯間ブラシで磨くと匂いが強い

ざっくり言うと、このような症状が当てはまっている場合は悪臭ガスの匂いが強い可能性が高いです。

 

逆に、舌苔はなた豆歯磨き粉ではほとんど取れないです(ただ、舌苔は残した方がいいとか、舌磨きは逆に臭い玉の原因になるという意見もあります)

なぜそうなるの?成分的な話

「口の中が不思議とすっきり」「口臭が気にならなくなった」

なぜこうなったかというと、どちらも歯周病が関係しています。

歯周病と言えば自覚症状がある人は少ないかもしれませんが、日本人の成人約80~85%が歯周病にかかっているといわれています。

参考:なた豆の「刀豆ナタマメ協会」

(歯槽膿漏という言い方もありますが、これは歯周病の一症状を表しているので「歯槽膿漏=歯周病」という認識で大丈夫です)

歯周病は口臭がひどくなる原因であり、口の中がネバネバする原因です。

先に書いた通り、口臭の発生原因はたくさんありますが口腔由来または全身由来のいわゆる「病的口臭」のほとんどは歯周病です。

 

そして歯周病の予防・緩和に効果的なのがなた豆です。

なた豆に含まれる「カナバニン」「コンカナバリンA」という成分は、なた豆にしか含まれない独自成分で抗炎症作用や排膿作用があります。

抗炎症作用が歯周病の症状を抑えるというわけです。

 

ちなみに、口の中がねばつくもう1つの原因は唾液腺の乱れです。

唾液量は加齢やストレス、喫煙によって減少していきます。

唾液腺は積極的に口や舌を動かしたり、長く歯磨きを続けることで活発にできるので、長く歯磨きを続けることができるようなた豆歯磨き粉は泡立たないものが多いです。

なた豆茶の方が良い場合

歯磨き粉以外のなた豆商品として、なた豆茶もあります。

基本的には歯や歯茎に直接はたらきかける歯磨き粉の方が良いですが、蓄膿症が原因の口臭であればなた豆茶の方が効果的です。

なた豆には排膿作用があるので蓄膿症・後鼻漏の改善に期待できます。

歯周病対策の注意

なた豆には抗炎症作用があるので歯周病対策に効果的と書きました。

しかし、「抗炎症作用があって歯茎が引き締まって出血が減る=歯周病が治る」ではありません。

歯周病が治るわけではなく、症状を和らげるだけです。

あくまで風邪をひいたときの熱冷ましのようなものです。歯周病を治療する絶対条件は、効果的な歯石取りです。

 

つまり、予防や緩和はできても歯周病菌が棲み着いている場合は歯医者での治療が必要です。

歯周病を改善させるためには、患者さん自身が毎日歯磨きして歯垢を取り除くこと(パーソナルケア)、そして三カ月を目安に歯科医院で歯石や歯周ポケット内の歯垢を除去してもらうこと(プロフェッショナルケア)の両面から取り組むことが大切です。
歯周病(歯槽膿漏) | なた豆の効能・効果 | なた豆の「刀豆ナタマメ協会」

刀豆ナタマメ協会もこのように歯医者での治療を前提としています。

歯周病治療の経験がある方はわかると思いますが、歯周病菌は市販の薬などでなんとかなるものではありません。

 

パーソナルケア(ホームケア)としては、歯科医が推奨することも多いということです。

ホワイトニングは微妙…かも

ホワイトニング(クリーニング)とかステイン除去だとか、ヤニ黄ばみの汚れを落とすとか謳っているなた豆歯磨き粉もあります。

「歯が白くなった!」というレビューや口コミもありますし、私の歯も使い始めに比べると黄ばみが目立たなくなったような気もします。

ただ、なた豆とホワイトニングの関係はよくわからないです。

長期間使用しても歯が白くならないという口コミも見ますし、ホワイトニング目的なら他の歯磨き粉の方がいいかなーと思います。

歯垢がすっきりしてツルツルにはなるので。そのせいで歯が白くなるのかもしれないです。

あとがき

成分的な話は置いといて、「とにかく不思議とすっきりさっぱり」ってところを強調したいです。

なた豆自体はアトピーや花粉症にも効果があったり、漢方薬として使われている国もあるそう。

歯磨き粉としては高いですが、口腔ケア商品としてなら使い続けるかなーという値段です。

実際どのメーカーのが良いの?というのはこの記事に書きました。

これは気にして選んだ方が良いよってのは1つだけです。

以上です。

おすすめのなた豆歯磨き粉比較~外せないポイントは1つだけ~
なた豆歯磨きどれがいいの?おすすめ?てことを書きます。 どんな効果があるの?口臭に効果あるの?てことはこの記事に書いてます。 なた豆歯磨き粉を選ぶとき、これは気にして選んだ方が良いよってのは1つだけです。 ...

コメント